派遣」タグアーカイブ

SEやるのに資格は必要?

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

こんにちは。
マーケティングコーチの新井政弘です。

IT系の仕事をするにあたって
資格があった方がいいか?
と言われたら、

無くてもできるけど
無いと不都合な場合も多い、

と言えます。

就職する時や転職する時など
何となく資格がないと

不利になるのではないかと
思いがちですが

資格を持っていなかったから
就職や転職で落ちた
という話はあまり聞きません。

募集要項に
”~の資格必須”とか書かれていても

他の部分でアピールできれば
問題ない場合もあります。

そうは言っても、

履歴書や経歴書に
取得資格が書ければ
気分がいいものです。

私自身、システム開発の
経験年数は長かったのですが
資格取得に熱心ではありませんでした。

ほんの数年前まで
第二種情報処理技術者、
(今でいう基本情報技術者ですね)

これしか持っていませんでした。

これも、最初に転職を意識した時に
履歴書に何も書くことが無いので

慌ててとったような気がします。

確か、20代の半ば頃だったような。

今でも、難易度が高いといわれる
資格を持っていれば

就職や転職で有利なのは
間違いないでしょう。

職歴が大したことなくても
とりあえず会ってみる
ということが有り得るかもしれません。

逆に、職歴でアピールできれば
資格は無くても
それほど不利にはならないはずです。

では、資格が無くて
不都合なときとは
どんなときかと言いますと

社内での昇格、昇進の条件に
資格取得が明記されている時や、

派遣の引合いが来たときに
有資格者のみと限定されている
場合などです。

資格とは違いますが

マネージャーになるには
TOEIC何点以上が必須とか
最近増えていますよね。

これも一種の資格と
言えるのではないでしょうか。

SAP業界でも

管理職になるための条件に
SAP認定コンサルの
取得が必須とかあります。

こうなってくると、

資格取得 = 収入UP

さらに、

資格が取れなければ
周りから置いて行かれ、

最悪、後輩に抜かれる
可能性もある。

ということで

必死にならざるを得なく
なってきます。

”自分は管理職になりたくないし、
技術で食べていきます”

と思っていても、

派遣や請負がメインの
会社だった場合、

資格が無い = 仕事が受注できない

といったケースになり兼ねません。

案件がふんだんにあって
仕事を選べる状況にあるのでしたら
問題ないのですが

そうでない場合は、
資格がないことが命取りに
なるかもしれません。

そうならないよう
日頃からの勉強が
重要になってきます。

技術の世界は
日進月歩ですので

常に学び続けることが
必須となります。

IT系の仕事を
し続けるためには

常に学び続ける姿勢と
学び続けられる環境が
重要になってきます。

自分でできることには
限界がありますので

いかに会社の協力が
得られるか、

会社を利用できるかが
とても重要です。

教育に関して
会社が利用できるのであれば
大いに利用しましょう。

フリーで活動している
エンジニアの方は

この辺りも自己責任と
なってきますので

会社員以上に厳しくなります。

どっちがいいかは
人それぞれですが

何れにしても
個人の努力は必要という点で
一致しています。

頑張りましょう。

受託開発SEの将来は?

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

こんにちは。
マーケティングコーチの新井政弘です。

業務系のシステム開発に従事しているSE、
システムエンジニアの多くが所属している会社は

受託開発をメインとしている会社が
とても多いと思います。

受託開発をやりつつも、
自ら新システムの新規導入を提案でき、
なお且つ導入(開発)プロジェクトを立ち上げる
だけのリソースを持った会社ならばいいですが、

そうでない大部分の会社に所属している場合、

人月いくらで様々なプロジェクトに
”売られる” ことになると思います。

いわゆる、”派遣” だったり、
”業務委託” だったり、

また、”自分一人だけ” だったり、
”複数人でチームとして” だったりと、

自社以外の場所でいろいろな人と一緒に
仕事をすることになります。

かつては、この現場一筋XX年、みたいな
派遣先に完全に入り込んで
プロパー社員と同じチームで
役割を分担して働く、

という形も多々ありましたが、
今はコンプライアンス上、
難しいんですかね。

作業場所からしても、
会社別に明確に分けられてしまうように
なってしまいました。

私自身の経験をお話しますと、
新卒入社の1カ月後には、
某総合電機メーカーの工場に
派遣されてました。

そこでは、システム部門に
同じ会社で自分の上司に当たる人が
既に何年も派遣されていて

その人の下につくことで
プログラミングからシステム設計、
ユーザーサポートまで

システム設計のいろはを学ぶことが
できました。

この時の経験があるから
いまだにこの世界で働けるのではないかと
感じています。

楽しくも厳しかった経験でした。

翻って、今はどうなのか?

残念ながら、少人数で短期間の
案件が多くなっているみたいです。

受託開発の世界は、ゼネコンよろしく
2次請け、3次請け、当たり前の
多重下請けが当然の世界ですので

自分の会社がその階層の
どの部分にいるのか?

がとても重要となってきます。

階層の下の方にいる場合、
その会社はただの人材派遣会社に
なっていませんか?

同じような仕事に
人月いくらで派遣されるだけ
ではないですか?

もしそうなら、仕事を通じての
スキルアップやステップアップは
難しいかもしれません。

違うことをやりたい、
新しいことを学びたい、
と思っても、

いざ面接やスキルシートの段階で
はねられてしまう可能性が高いと思います。

では、どうしたらいいか?

転職?

転職もいいかもしれません。

プログラマからシステムエンジニア(SE)へ、
SEからコンサルタントへ、など

やりたいことが明確で
今の会社ではそれが無理な場合は

それが実現できそうな会社へ
転職することもありです。

また、技術者からマネージャーへ
転身を図りたい場合も同様です。

ここで言うマネージャーとは
管理職という意味ではなく、
複数のメンバーを管理して
チームとして結果を出す、

という意味でのマネージャーです。

この場合も、
今の会社でそれができるのかが
重要となってきますので

無理だと判断した場合は
転職を考えるのもいいと思います。

より階層が上位の会社であれば
チームとして仕事をする機会も
増えるでしょうし、

自分の希望も叶う可能性も高くなるでしょう。

自分の会社がある程度の規模があり、
そこそこ階層上位に位置している場合は、

自社内で希望の職種に転換できる可能性が
高いと思います。

そういう場合は、積極的に自分の希望を
アピールすることが重要です。

今時は定期的に上司と面談する機会も
多いと思いますので、それを大いに
利用しましょう。

いつまでも今までと同じ仕事だけを
やり続けるだけで給料が上がる時代では
無くなってきました。

いかにスキルアップ、ステップアップを
”自ら”行えるかが重要となっています。

多くの会社で導入されている
目標管理制度に直結しますので
本気で真剣に考えましょう。

技術者をある程度やっていると
自然とマネージメントも求められる
ようになると思いますが

ある日突然、今日からあなたは
マネージャーです。

と、言われても
多くの人は困ると思います。

そうなったときに困らないよう
常日頃から、マネージメントに関して
知識を得る習慣をつけましょう。

特にベテランと言われる、
もう中堅と呼ばれなくなった人は
必須の知識となりますので

危機感を持って習得に臨んでください。

年取っても技術者でいられることは
非常にハードルが高いものですから。

自分は先々何をやりたのか
自問することも必要です。

技術者であり続けたい人は
どうすればそうできるのか
見つける必要があります。

これは、マネージメントを学ぶより
難しいかもしれません。

どちらを選ぶのか真剣に考える時期が
もう来ているかもしれませんよ。

それでは。

SE転職の方法はいろいろあります!

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

こんにちは。
マーケティングコーチの新井政弘です。

あなたは転職を考えたことはありますか?

ほとんどの人が一度ならずとも転職について
考えたことがあると思います。

私自身、3回転職してどれも成功したと
思っていますのでその経験をお話したいと
思います。

きっとお役に立てることがあると
思いますので参考になれば幸いです。

*転職1回目

1回目の転職は、新卒で入社した
地元のソフトハウスから、当時の派遣先の
責任者の方から紹介していただいた会社への
転職でした。

この転職は、転職先を決めずに
まず辞めることのみを決断してしまったので
今考えれば全くの無謀でしたね。

辞めることが決まって、派遣先の責任者に
呼ばれたときは何の話かと思ったのですが

その派遣先の協力会社が技術者を
募集しているとのことで、
そこの社長に会ってみないかとのお話でした。

そんな訳でその会社の社長さんと
会うことになり、色々とお話を伺った結果、
転職を決めてしまいました。

当時の心境としては、
自分で会社を探すのは面倒なので
とりあえず入ってみるか、的な
考えだったような気がします。

どんな会社かというと、
会社というよりも社長も含め、
ベテラン技術者が集まって
会社組織を作っています。
的な感じで、社員総数は約10人。
私が最年少でした。

この転職の○×は、

○:
1.ベテラン技術者の仕事ぶりを
直接間近で見られる。
(この頃は自分がリーダーを
やっていたので指導受けられる
立場というのは久しぶりでした)
2.収入UP
(群馬レベルから東京レベルに
なっただけで年収で約100万円UP)
3.SAPのR/3に初めて出会う
(これが今後の仕事の方向性を
決めました)

×:
1.受注先が1社のみだったので会社の
成長性、発展性に不安があった。
2.福利厚生に難あり
(中小零細はどこも同じようなもの
なのであまり気にならず)

こんな感じで転職先を真剣に考えた結果、
この会社に決めました、というものではなく、

今の会社、仕事が嫌になったから
とりあえず転職したい、といった
物凄く後ろ向きの転職でした。

結局、この会社には1年しかいなかった
のですが、ここに転職しなければ
SAPのR/3と出会うこともなかった
かもしれません。

そういった意味で、今思えば
この転職は成功でした。

このケースは、
普段の仕事ぶりが認められていたおかげで、
転職先を紹介してくれた、というケースです。

直接接する機会があまりない人にも
仕事ぶりは知られていると思ってください。

普段の仕事ぶりはとても重要です。

*転職2回目

初めてSAP社のR/3というERPシステムの
新規導入プロジェクトに参画したとき、
ERPシステムの面白さ、将来性を感じました。

この経験を積めば、技術者として大きな
アドバンテージを得られると直感したところで、

R/3以外の別のプロジェクトへ移る話が決まり、
悩むことなく、R/3の仕事をメインにしている
会社に転職しようと決断しました。

最初に転職した会社は、あるメーカー系の
システム子会社に入り込む形で仕事を
受注していましたので、こちらの意向を
反映しずらい状況にありました。

転職活動として何をしたかというと、
今度は転職のエージェントに登録しました。

約15年ほど前になりますが、
そのころはSAPもR/3もそれほどメジャーでは
ありませんでした。

そこで、転職のプロであるエージェントに
登録すればネットの転職サイトより多くの
求人情報を持っているのではないかと思い、

今の某Rエージェントに登録して
R/3の技術者を募集している会社を
紹介していだたきました。

しかし、私の学歴が専門卒であったことも
影響したのかもしれませんが、なんか
とっても雑に扱われた印象を受けました。

簡単な面談をした後、求人票が入った
クリアファイルをいくつか渡されて
そこから選べとのこと。

あまり覚えていないのですが
そのファイルにあった会社は
ネットの求人サイトと代わり映えが
しなかったような気がします。

そんな中、これからSAPの仕事に
力を入れていくという、ある中堅の
ソフトハウスに応募することにしました。

当時社員数約300人位の内、
SAPを担当する技術者は約1割位
だったと思います。

人事系モジュールの仕事を中心に
今後は他のモジュール担当も
増員したいとのことでした。

私の経歴はロジスティクス系の
開発経験がメインなので、
この会社ならロジ系担当として
中心メンバーになれると思い、

この会社に転職することに決めました。

2回目の転職で、社員数300人規模の
中堅ソフトハウスに転職が決まりました。

ここまでは、専門学校時代に決めた
ソフトウェア技術者としての
ライフプランにほぼ沿った形に
なりました。

どんなライフプランかというと、
ソフトウェア技術者、システムエンジニア
として技術をつけ、より大きな会社に
しかも独立系の会社に
転職をするというものです。

メーカー系であれ、ユーザー系であれ、
系列のシステム子会社の場合は、
親会社から上の人が下りてくるというのが
お決まりでした。

なのでそういうことのない、独立系の
ソフトハウスばかりを選んでいました。

新卒で入った会社は社員数約20人で
ここでシステム開発のいろはを学び、

次の会社は規模は小さくなりましたが
SAPのR/3という最先端の技術に触れ、

次はより大規模な会社で、
より上位の立場でプロジェクトに係る
ことができました。

このケースは、
一般の転職サイトやエージェントを使った転職と
変わらないと思います。

自分で会社を選んで応募し、
複数回の面接を受けて採用が決まる、
というものでした。

ここで重要だったのは、
自身の経歴と自分自身をいかに
上手く伝えられるかということです。

当時は全くわからなかったのですが
どうすれば相手に好印象を
与えられるか。

別の機会にお伝えしたいと思います。

*3回目の転職

そんな中、あるプロジェクトで偶然、
かつて同じプロジェクトで働いた方と
再開することになりました。

その方は当時は個人事業主であり、
フリーエンジニアとしてプロジェクトに
参画していたのですが、
その後、法人化したとのこと。

そこで、是非一緒にやらないかとの
お誘いを受け、この会社に転職を
決めたのでした。

ライフプランどおりに、より大きな
会社への転職を成功させていた自分が
また社員数一桁の零細会社へ
転職するなど思ってもいませんでした。

しかし、熱心な勧誘と
社長の次、NO.2としての立場で
なにができるのだろうという好奇心と
わくわく感で決めたのでした。

これは知り合いから誘われる、
引き抜きを受ける、というケースです。

このケースで気をつけたいのは
仕事面だけでなく、人間関係の面でも
気をつける必要があるということです。

人間関係がうまくいかなくなると
その会社に居づらくなります。

私自身、もっと積極的に
いろいろな事に、
かかわるべきだったと思います。

結果的に体調を崩したことで
退職に至ったのですが
いい経験を積むことができました。

ここまでが、すでにある会社へ転職する
という経験のすべてです。

その後は、
・体調を崩して退職。
・個人事業主として仕事に復帰。
・個人事業主を法人化。

そして現在に至るという流れになります。

都合3回の転職に関して、すべて成功したと
思っています。

なぜなら、転職しなければ得られなかった
であろう経験を得ることができ、
転職する毎に収入も順調に増えていったからです。

体調を崩してしまったことは想定外でしたが
今こうして幸せな生活を送れていますので
結果オーライとしましょう。

今転職を考えている人で、
今の会社、仕事が嫌なのでとりあえず辞めて
辞めてから次を考えるというのは絶対だめです。

何はなくても次を決めてから辞めましょう。

ゆっくり療養したいとか、留学したいとか、
理由があれば別ですが、何とかなると思っていて
実際に辞めたら何ともならない可能性は
とても大きいです。

このブログを立ち上げた目的は、
そんな人を助けたいとの理由も大きいので
そんなときは是非相談してください。